京都の外壁屋根リフォーム会社の選び方


京都の外壁屋根の特徴

 

京都では、6世紀頃に中国から伝わった瓦文化が栄え、寺院などを中心に独自瓦文化が発展しました。

 

それから戦前までの長期に渡り、日本有数の瓦の産地として栄えました。

 

戦後になると、瓦職人の伝統芸ともいえる高度な瓦生産技術を生かし、手づくりの瓦を現在も生産し続けています。

 

京瓦は非常に貴重であり、全国の瓦好きのマニアの間でが高値で取引されるなど、現在でもその価値は失われていません。

 

京瓦の種類は全部で700種以上もあり、寺院や歴史的な建造物から一般の住宅まで広く使用されています。

 

京瓦は、鬼瓦や軒瓦、ケラバ瓦などその独特な風味を生かした独自のデザイン性が非常に人気があります。

 

一般住宅でも京の伝統を受け継ぐべく、日本家屋の屋根の部分に京瓦を葺き、観光名所として観光客を楽しませています。

 

京瓦の特徴として、まず瓦自体の強度が高く、他の和瓦と比べて割れにくいという特徴があげられます。

 

特にそのいぶし銀のような美しい光沢が見る者の目を奪います。

 

その美しい輝きが、日本家屋の趣とマッチし、現在でもその地位を確立しているのです。

 

 

京の街並みを語るうえで避けられないのが、屋根と並んでその独特の外観を作り出す外壁材があげられます。

 

昔の日本家屋では木の板張り外壁も多く使用されていましたが、現在では耐震性と防火性に優れたモルタルやリシン、漆喰などが広く普及しています。

 

京都の代表的な外壁である四国化成の京外壁(きょうそとかべ)という商品の施工方法について軽く説明します。

 

この外壁の主成分は砂とアクリルシリコンエマルションでできており、四国化成の高級京外壁の工程は、水と「合成樹脂エマルション」をリシンマザールで混ぜた後「基材」を混ぜて20分ほど練り置きし、最後に水を加えて練り上げるという工程になります。

 

この様に、京都の街並みを語るうえでは避けられない伝統的な日本家屋の屋根と外壁ですが、近年ではその勢いに陰りが見えてきています。

 

ご存じのように、近年はハウスメーカーを中心とした高気密高断熱をうたった近代的なデザインの住宅が全国的に普及しています。

 

新築時の坪当たりの値段もハウスメーカーの建売の方が地元の工務店で建てる注文住宅よりも安く、現在では団地で新築を建てる場合は関東であるような一般的な住宅が中心になります。

 

日本家屋の注文住宅の平均坪単価は70万円~80万円です。建坪50坪の家を建てようとすれば、3500万円~4000万円になります。

 

ハウスメーカーでも坪単価が70万円を超えるところもありますが、値段の安いハウスメーカーの坪単価は50万円を切ります。

 

格安のハウスメーカーで家を建てる場合、大きな家は建てないでしょうから建坪30坪の小さめの家を坪単価50万円で建てれば1500万円となり、上記の注文住宅の半値以下で建てられるわけです。(土地代は計算に入れず)

 

したがって、新築時にあまり予算をかけられない若い世代では、ハウスメーカー系の建売住宅が売れるわけです。

京都の内装水回りリフォーム会社の選び方


京都の内装水回りリフォームの特徴

 

京都の気候は温暖で、自然災害も少なく住宅に対する負担はそれほどではありません。

 

しかしながら、市の中心部など家と家が密着している場合、そもそもエコキュートを置くスペースが無いなどの制限がある場合がございます。

 

エコキュートを設置する場合、最低でも1m×2mほどのスペースが必要です。(ヒートポンプは最悪壁に掛けるなどの方法で狭いスペースでも設置できる)

 

また、設置場所にはスペースがあっても、そこまで運ぶ搬入経路が確保できない場合もございます。

 

更に、設置した後に騒音などのクレームを近所の人から言われることもしばしば。

 

エコキュートはエアコンとほぼ同じ原理ですので、音も静かですし、電磁波を発生したりはしません。でも神経質な方は気にされます。筆者は実際にこうしたトラブルに何件も遭遇しました。

 

それから、隣の家に植木がある場合、ファンから出る風が直接当たると植木が枯れる場合があります。冷たい風がでるので、寒さに弱い木は枯れるのですね。

 

 

足場を建てる必要がある屋根外壁のリフォームや、地面をほじくり返す水道管の入れ替えの場合も、住宅が密集していると近隣に迷惑がかかったり、そもそも工事自体が出来ないということも考えられます。

 

また、建て替えをするケースでも、敷地が建築基準法に定められた道路に2メートル以上接していない場合などは建替えをすることができません。(再建築不可物件)

 

団地などの場合、こうしたトラブルは避けられますが、市の中心部などで2m以上道路に面していない土地に住宅を持っている場合、注意が必要です。

 

京都のオススメリフォーム会社3社のクチコミ紹介

京都市内とその周辺はリフォーム会社がたくさんあるので、ご自身の住宅にあったリフォーム会社を選ぶといいです。

 

山間部や都市部から離れた地域では業者が見つからない場合があります。

 

特に日本海側の伊根町、与謝野町、京丹後市は業者の数が少ない傾向にありますので、地元でリフォーム会社が見つからない場合は、一括見積りサービスを利用するといいでしょう。

 

以下、地元の業者にリフォームを依頼する場合のメリットとデメリットです。

メリット
・会社が近所なので呼べばすぐ来てくれる
・地元の業者なのでアフターが期待できる

デメリット
・一社で決めると他社との比較ができない
・相見積りが取りにくい、断りにくい
・商品やプランが希望通りにならないことがある

 

地元の業者に頼む場合でも、ネットの見積り一括サイトから見積りを申し込むことでデメリットを回避できます。

ネットで見積りが最強の理由
・一括見積りサービスを利用し、比較検討できる
・常に価格競争しているので、最安でリフォーム可能
・相見積りを取られることが前提なので断りやすい

 

地元の業者に見積りを依頼した場合、以下の様なパターンで失敗する事があります。
・他から見積りを取られまいと粘られる。返事を急かしてくる。
・相見積りが取りにくい雰囲気になり、断りにくい空気になる。
・凄腕の営業が担当になり相手のペースで話が進み、いつの間にか契約した。
・1社で決めてしまった結果、相場より高い金額で契約した。
・1社で決めてしまった結果、希望とは違うリフォームプランになった。

上記の失敗例は、1社からしか見積りを取らない事で発生する事例です。

つまり、相見積りを取っていればこのような失敗は起こりません。

複数社から見積りを取ることで、金額だけでなく、商品やリフォームの方法などを比較でき、最適なリフォーム会社にリフォームを依頼することができるわけです。

その為に、相見積りを取られることが前提の会社、つまり「一括見積りサイトに登録している会社」に的を絞って見積り依頼することが大切になります。

一括見積りサイトは以下の人気記事の中で紹介していますので参考になれば幸いです。

■人気記事
≫リフォーム会社一括見積り3選
≫外壁・屋根リフォーム会社一括見積り3選

 

引用:https://gdnavi.com/2020/02/10/リフォームは地元の業者には頼まない方がいい場/

 

【オススメ1】 株式会社JTT関西


所在地:京都府八幡市男山長沢13-14
≫株式会社JTT関西

私たちはリフォームの品質と価格に挑戦しています。すでに年間2500件のペースでリフォームを実現し、お客様から好評を得ています。これまではリフォーム事業を展開する大手家電量販店とパートナーを組んだ実績でしたが、これからはお客様に直接ご利用いただきながらの実績を重ねていきたいと考えています。これまでのリフォームの常識を超えたJTT関西のクオリティとプライスの挑戦にご注目ください。 引用:https://www.refonavi.or.jp/shop/2516/

 

【オススメ2】 株式会社 ONE STAR(ワンスター)


所在地:京都府京都市伏見区北端町44-8丸武第三ビル1階
≫株式会社 ONE STAR(ワンスター)

お一人でお住まいの方も、子供が巣立ったご夫婦の方も、小さいお子様がいるご家族にも、住む方が笑顔になれる家づくりをママ設計士と実現しませんか。ママ目線、子育て目線、共働き目線はもとより、リノベーションから新築、中古探しまで、新しい家づくりの初めにONESTARへご相談下さいませ。 引用:https://www.refonavi.or.jp/shop/2746/

 

【オススメ3】 リフォーム R’Fosy (リフォシー)


所在地:京都府京都市下京区中堂寺粟田町90番地京都リサーチパーク8号館108
≫リフォーム R’Fosy (リフォシー)

一人ひとりに合わせて、既存のプランからお選びいただくスタイルではなく、お客様のご要望をお伺いしたうえで “考えうる最高のご満足とご安心を” という目線で、心を込めてご提案をさせて頂いております。
すべてのお問合せに対して、お見積り書だけでは表現できない当社のご提案を込めています。
リフォームをお悩みの方は、書面だけではなく、一度お話しをさせてください。 引用:https://www.refonavi.or.jp/shop/409/

 

 

≫その他の京都のリフォーム会社はこちらで検索

 

筆者からのリフォーム会社選びのアドバイス



 

以下の人気記事で、一括見積りサイトの紹介をしていますので、ご活用ください。

 

■人気記事 リフォーム会社の一括見積り無料!
≫リフォーム会社一括見積り3選
≫外壁・屋根リフォーム会社一括見積り3選

 

京都市(きょうとし)
北区(きたく)
上京区(かみぎょうく)
左京区(さきょうく)
中京区(なかぎょうく)
東山区(ひがしやまく)
下京区(しもぎょうく)
南区(みなみく)
右京区(うきょうく)
伏見区(ふしみく)
山科区(やましなく)
西京区(にしきょうく)
福知山市(ふくちやまし)
舞鶴市(まいづるし)
綾部市(あやべし)
宇治市(うじし)
宮津市(みやづし)
亀岡市(かめおかし)
城陽市(じょうようし)
向日市(むこうし)
長岡京市(ながおかきょうし)
八幡市(やわたし)
京田辺市(きょうたなべし)
京丹後市(きょうたんごし)
南丹市(なんたんし)
木津川市(きづがわし)
町村(読み)
乙訓郡(おとくにぐん)
大山崎町(おおやまざきちょう)
久世郡(くせぐん)
久御山町(くみやまちょう)
綴喜郡(つづきぐん)
井手町(いでちょう)
宇治田原町(うじたわらちょう)
相楽郡(そうらくぐん)
笠置町(かさぎちょう)
和束町(わづかちょう)
精華町(せいかちょう)
南山城村(みなみやましろむら)
船井郡(ふないぐん)
京丹波町(きょうたんばちょう)
与謝郡(よさぐん)
伊根町(いねちょう)
与謝野町(よさのちょう)

 

※一部の地域では施工エリア外となっている場合がございます。

 

大手リフォーム会社の選び方【京都エリア】の管理人より

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

リフォームで失敗しない秘訣は、何社か見積りを取り比較検討することだと筆者は考えます。

 

この記事を読んで一人でも多くの方にリフォームで成功できる助けになれば幸いです。